アフターピル処方・ブライダルチェックについて

  • 完全予約制
  • 夜間も対応
  • アクセス方法を見る
  • メール相談
  • カウンセリング予約
  • LINEでお問い合わせ
tel:0120629012
アフターピル・ブライダルチェック

ホーム > 診療科目 > 婦人科 アフターピル・ブライダルチェック

  • アフターピル(緊急避妊ピル)
  • アフターピル(ノルレポ錠)
  • 避妊リング
  • ブライダルチェック

性交後避妊法〔アフターピル(緊急避妊ピル)〕処方

アフターピルとは、女性が万が一避妊に失敗した際に、ホルモン避妊薬を服用することで、妊娠を回避する方法です。
1998年9月に「緊急避妊薬」(ECピル)として、米国食品医薬品局(FDA)が安全かつ効果的である、として使用を承認しました。作用として、受精卵の子宮内膜への着床防止や排卵遅延などを起こすことによって妊娠を回避すると考えられています。 アフターピルは性行為後72時間以内に服用し、その12時間後に2回目の服用をします。なお、避妊効果は約80%程と言われています。
アフターピルは必ず医師による処方が必要となる為、まずは当院へお問い合わせください。

副作用 アフターピルの副作用で多くあげられるのが吐き気や頭痛ですが、通常24時間以内に治まるといわれています。また服用後、少量の消退出血(ピル全般を服用した際に起こる出血)が認められる事があります。妊娠早期に、このECピルが服用されても、胎児の奇形性に影響はないと考えられています。

性交後避妊法〔ノルレボ錠0.75mgによるアフターピル)〕処方

性交後避妊法〔ノルレボ錠0.75mgによるアフターピル)〕

性行為後72時間以内に1回服用でOKです。副作用(悪心、嘔吐、頭痛)が従来より少ないです。
1999年4月にフランスで承認された後、欧州、アジア、アフリカなど世界約50カ国で販売されています。日本でも、日本産科婦人科学会などが推奨しています。

避妊リング(銅付加リング、黄体ホルモン付加リング、FD-1)

避妊具リング(IUD)とは、2センチ程度の小さな器具(プラスチックまたは銅製)です。
これを子宮の中に設置することで、子宮腔内で受精卵の着床を防ぐ事ができる避妊具です。
また、パートナーの同意は必要ないので、ご自身の意志で使用することができます。
IUDの挿入には麻酔は行いませんがほとんど痛みはありません、装着に要する時間も短いです。
IUDには複数の利点があります。

メリット
  • 長期間の避妊効果
  • 行為の前準備不要
  • 日常のメンテナンス不要
  • 使用感がない
  • 授乳中でも使用可能

避妊効果は非常に高く、99%。永久避妊手術やピルに次ぐ、高い効果が期待できます。子供が欲しくなったときは取り外すことも可能で、取り外せばすぐに妊娠も可能な身体に戻ります。非常に便利な避妊方法といえます。
とは言え確実な避妊のためにも、医師の指示にしたがって使用してください。
なお、IUDには、性感染症を予防する効果はありません。性感染症の予防にはコンドームの併用をお勧めいたします。

こんな方におすすめの施術です

妊娠を希望しない女性

長期にわたり避妊を望む女性

次の出産まで計画的に期間をあけたい女性

ブライダルチェック

本邦でよく認められる性病を一通り検査できます。これまでの感染機会を一度清算したい方、結婚前の方や新しいパートナーと付き合う方に特にお勧めいたします。
最後の感染機会から2〜3ヶ月以上経過されていると検査結果は正確となります。検査結果がそろい次第、希望がある方には診断書を無料で発行しております。

検査項目

女:12項目 男:10項目

【血液】‥・B型肝炎・C型肝炎・エイズ・梅毒・淋菌
【尿】…淋菌・トリコモナス・クラミジア
【陰茎】…カンジダ
【うがい】…のど淋菌・のどクラミジア
【子宮頚管内擦過物】・・・トリコモナスDNA・カンジダ・クラミジア・HPV・子宮頸ガン