ホルモン注射の施術について

  • 完全予約制
  • 夜間も対応
  • アクセス方法を見る
  • メール相談
  • カウンセリング予約
  • LINEでお問い合わせ
tel:0120763418
ホルモン注射

ホーム > 診療科目 > 婦人科 ホルモン注射

ホルモン注射とは

主にGID(性同一性障害)の方のための、ホルモン注射による治療です。
摂取の間隔には個人差がありますが、一般的に2~3週間に一度のペースで行います。

  • 男性更年期
  • 更年期障害
  • ED
  • MTF(男性から女性へ)
  • FTM(女性から男性へ)

女性ホルモン注射

筋肉注射でエストロゲン製剤を投与します。
主に以下のような効果が期待できます。

  • ・肌がきめこまやかになる
  • ・バストアップ
  • ・更年期障害の治療
  • ・骨粗しょう症の予防
  • ・女性らしい体型への変化

注射治療の場合

薬の種類 吉草酸エストラジオール10mg/1A
注射の間隔 10mg/1Aを1~2週間隔、もしくは、10mg/2Aを2~3週間隔で投与します。

内服の場合

薬の種類 1)結合型エストロゲン0.625mg/1T、1.25mg/1T
薬の量 1)0.625~3.75mg/日
*ホルモン療法中は、血液検査、肝機能検査、血中ホルモン濃度、の測定を2~3ヵ月おきにおすすめしています。

※ 当院で取り扱っている薬の種類・詳細については、お気軽にお問い合わせください。

こんな方におすすめの施術です

更年期障害でお悩みの女性の方

体型や肌の女性らしさを向上させたい方

男性ホルモン注射

筋肉注射でアンドロゲン製剤を投与します。
主に以下のような効果が期待できます。

  • ・筋肉量の増加
  • ・LOH症候群(男性更年期障害)の治療
  • ・ED治療
  • ・基礎代謝の向上
  • ・男性的な体型への変化

注射治療の場合

薬の種類 エナント酸テストステロン125mg/1A、250mg/1A
注射の間隔 エナント酸テストステロン125mg/1Aを1~2週間隔、
もしくは、250mg/1Aを、2~3週間隔で投与します。
*ホルモン療法中は、血液検査、肝機能検査、血中ホルモン濃度の測定を2~3ヵ月おきの施行をおすすめしています。
こんな方におすすめの施術です

LOH症候群でお悩みの男性の方

男性らしい体型を手に入れたい方

GID治療とは

GID(性同一性障害)の方のための、ホルモン注射による治療です。
摂取の間隔には個人差がありますが、一般的に2~3週間に一度のペースで行います。

MTF(男性から女性へ)治療

プロギノン・デポー

筋肉注射でエストロゲン製剤を投与します。
主に以下のような効果が期待できます。

  • ・乳房が膨らむ
  • ・ひげや体毛が薄くなる
  • ・筋肉の減少
  • ・女性らしい体型へ変化
  • ・声が高音に

注射治療の場合

薬の種類 吉草酸エストラジオール10mg/1A
注射の間隔 10mg/1Aを1~2週間隔、もしくは、10mg/2Aを2~3週間隔で投与します。

内服の場合

薬の種類 1)結合型エストロゲン0.625mg/1T、1.25mg/1T
薬の量 1)0.625~3.75mg/日 *ホルモン療法中は、血液検査、肝機能検査、血中ホルモン濃度の測定を2~3ヵ月おきの施行をおすすめしています。
こんな方におすすめの施術です

MTFと診断された方

体型や肌の女性らしさを向上させたい方

FTM(女性から男性へ)治療

エナルモン・デポー

筋肉注射でアンドロゲン製剤を投与します。
主に以下のような効果が期待できます。

  • ・月経の停止
  • ・ひげや体毛の増加
  • ・声が低音に
  • ・筋肉量の増加
  • ・男性的な体型へ変化

注射治療の場合

薬の種類 エナント酸テストステロン125mg/1A、250mg/1A
注射の間隔 エナント酸テストステロン125mg/1Aを1~2週間隔、
もしくは、250mg/1Aを、2~3週間隔で投与します。 *ホルモン療法中は、血液検査、肝機能検査、血中ホルモン濃度の測定を2~3ヵ月おきの施行をおすすめしています。
こんな方におすすめの施術です

FTMと診断された方

男性らしい体型を手に入れたい方